住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家
  • 住道の家

住道の家 -2018

老齢の母と娘が終の棲家として購入されたマンションの一室でのリフォームである。
間取りは一般的なファミリータイプの3LDKであったため、今後の老々介護を見据えた間取りに変更し、かつ一日の大変を寝室で過ごす母親にとってより良い住環境とすることを目的とした住まいである。
具体的には母親にとって負担の少ない動線とするため、洗面・脱衣・浴室・トイレを直線的に配置し、将来的に歩行器や車椅子となった場合にも行き来できる廊下幅を確保しました。
またLDKと寝室は3枚の建具のみで仕切られており、全開すれば広々としたワンルーム空間となるとともにコミュニケーションを生み出し、全閉すればそれぞれのプライバシーを確保した空間となります。
さらに住環境をより良いものとするために消臭・調湿効果のあるスペイン漆喰を用いることでマンション特有の湿気や臭いの問題を解消しています。 大阪府大東市 / 個人住宅(集合住宅内リフォーム) /鉄筋コンクリート造 / 63㎡(リフォーム範囲)